小学生,中学生,高校生5教科総合指導。

お電話での受付時間
月~土 10時~20時

ふくしま学力向上委員会

育てたい、時代を創る力。ベスト学院GROUP

小学校算数でよくつまずくポイントはココ!ベスト学院講師が完全アドバイス


写真 8.jpg

福島に住む小中学生の学力向上を目的に、様々なテーマを議論する「ふくしま学力向上委員会」。今回のテーマは小学校の算数のつまずきポイント。子どもが算数嫌いにならないための対策や家庭でのバックアップの仕方を、ベスト学院の講師がアドバイスします。

写真 2.jpg
ベスト学院 高野 文敏


小学校5年生の算数が超重要!

小学校の算数の重要度は4~5年生、特に5年生が大きな割合を占めています。なぜならこの時期に学ぶ算数の内容が、中学校に入ってからの数学の考え方につながっていくからです。
6年生の授業ではこれまで学んだことの総復習や、中学校に向けた準備期間に時間が使われるため、新しく覚えることは意外に多くありません。しかも、近年ではこれまで6年生で学んでいた内容が4、5年生に前倒しになる傾向も見られています。
算数嫌いになるかどうかの分かれ道はこの時期に学ぶ内容をどれだけ理解できるかといっても過言ではありません。
では、子どもたちにとって具体的にどのような単元が落とし穴になりやすいのでしょうか?

写真 8.jpg

つまずきポイントその1「小数の考え方」

まず最初につまずきやすいのが「小数」です。理由はこれまで習ってきた単元と比べ、イメージがしづらいから。
例えば同じ頃に学ぶ分数と比べてみても、(分数の場合)6×1/2を解く場合、6個あるものを半分にするイメージが簡単に描けますよね。それに対し、6÷0.2では、0.2で割ることのイメージはなかなか説明しづらいと思いませんか?
教える側も同様で、ついつい作業的な指導になりがちです。子どもたちにとっては構造や仕組みで伝えた方が面白いはずなのに、作業的な学習に陥りやすいのが小数なのです。


写真 3.jpg

つまずきポイントその2「図形(円)」

小数以上に厄介なのが図形、特に円です。計算問題はたとえ一度つまずいても、反復練習を重ねるトレーニングで何とか対策を取れますが、図形の場合はなかなかそうもいきません。どの部分でつまずいてしまったかのきっかけも見つけづらく、原因が根深いケースも数多く見てきました。実際に、受験期になってはじめて図形が苦手なことに気づく子どもたちも多くいます。
中でも円はとても抽象的な図形です。その証拠に、円の面積の公式は言えてもどうしてその公式になるのか、ちゃんと説明できる人は大人の方でもほとんどいないのではないでしょうか。当然、学校の授業でも公式の理由を子どもたち自身がしっかり理解する前に、覚えなければならないものとして先に進んでしまう...。円がつまずきやすい大きな一因がそこにあると思います。

図形嫌いにならないために

図形につまずかないための対策としておすすめしたいのが、ひとつのものをいろいろな角度で見る習慣をつけることです。
例えば10円玉は上から見ると円ですが、横からみると厚みがあるから長方形に見えますよね。また、こうした感覚は幼少期の遊びともつながりがあると思います。私の体感ですが、小さい頃に積み木やレゴブロックで遊んでいた子とそうでない子とでは、図形の得意不得意に大きく関係しているように感じます。


写真 1.jpg

小学校の高学年で算数につまずくもうひとつの理由

小学校の高学年で算数につまずきやすいもうひとつの理由として考えられるのが、小学校の高学年が思春期の始まりの時期と重なる点です。特に女子生徒によく見られる傾向ですが、疑問に思ったことを「どうして?」と素直に質問したり、分からなかった問題をたずねることに対して、周囲の目が気になったり恥ずかしいと感じる事が増えてくる時期です。そして、しっかり理解できないまま過ぎてしまうことで算数が苦手になってしまう...。特に中学生になるとこの傾向は顕著です。
塾はそうした学校でも家庭でも聞けない疑問をぶつけるにはこれ以上ない場所です。子どもの成長に合わせて勉強しやすい環境づくりのひとつとして、勉強につまずく前に塾という選択肢を与えてあげるのは大切なことではないでしょうか?

算数が苦手にならないためには

・小学校の算数は5年生が肝心!小数と図形(特に円)に要注意です。 ・作業や暗記ではなく、具体的なイメージで覚えると算数が楽しくなります。 ・高学年は思春期の入口。学校でも家庭でもない塾で勉強しやすい環境づくりを。

「ふくしま学力向上委員会」の記事をもっと読む