小学生,中学生,高校生5教科総合指導。

お電話での受付時間
月~土 10時~20時

あのプロはどうやって夢を叶えた?

育てたい、時代を創る力。ベスト学院GROUP

ロボットエンジニア/河野 智也(コウノトモヤ)さん

メイン.JPG

子どもの頃からの夢を叶えて活躍している様々な職種のプロフェッショナルたち。どうやって憧れの職業に就くことができたのか、そのために学生時代にどんな努力をしたのか伺ってきました。

どうすればロボットエンジニアになれるの?

子どもの頃の得意科目、苦手科目は何でしたか?

小・中学生の頃は理科や数学といった、理数系の授業が好きでしたね。 逆に音楽の授業は苦手だった記憶があります。

その科目が好きだった理由はありますか?

やっぱり"得意だった"というのはあります。理科は小さい頃から図鑑を読むのが好きで、慣れ親しんでいましたし、数学は問題が解けたときの達成感というんですかね。それが気持ちよくて好きでした。だけど、高校生になってから好きだったはずの理数系の授業でも、躓く頻度が増えて、苦戦していたのは今でも覚えています。 サブ1.JPG

苦手科目を克服するために行ったことはありますか?

正直、高校時代の理数系の内容に関して、克服出来なかった部分も多いです。だけど、大学に進学して、その原理が今何に使われているのかを調べていくうちに次第に興味を持ち始めたんです。それから改めて勉強して苦手を克服していきました。僕の場合、克服するのに時間がかかりましたが、理数系の分野において、単純に公式を覚えるというよりも、今何に活用されているのかを考え、興味を持ち始めることが苦手克服の第一歩なのかなとは思います。

サブ.jpg

大学に進学する際、どれくらい受験勉強をしましたか?


大学進学を目の前にして、時間というよりも「その日の内に自分で決めた範囲をこなす」ことを徹底していました。

今の仕事の中で、学生時代の勉強が役に立ったことはありますか?

理数系の科目は、今の仕事にダイレクトに関わってきています。


それはどのようなことですか?


ロボットエンジニアは高校時代の理数系の内容をそのまま活かし、ロボット開発を行う職業です。例えば速度の計算や物体の動き方などの内容は、今でも頻繁に出てきます。それから、実際に働き始めて勉強しておけば良かったと思うのが、国語と英語です。定期的に大学に足を運び、今までの成果などを発表しているのですが、その時に「言葉をまとめる力」があればもっと上手く伝わるのにと思います。英語はプログラミングや制御をするシステムを作る際に必要です。様々な単語が数多く出てくるので、それを読み解く英語力があれば、より一層知識を深めることが出来ると思います。

サブ2.jpg

ロボットエンジニアへの道


Qロボットエンジニアになるためにはどうすればいいの?


まずは工業系の専門学校や大学に進むことを目標にしましょう。ただし、ロボット開発には幅広い総合的な知識が必要です。進路を選ぶ際、ロボット全般の知識を学べる学校なのかをHPやパンフレットなどで調べておくと良いでしょう。

Qどんな能力が求められるの?

開発に失敗はつきものです。なぜ思い通りに動かないのかを検証し、問題を諦めずに解決する根気強さや、ひとつの部分にこだわらず、全体を見通す視野の広さが原因究明の鍵となるでしょう。

Qどんなことを勉強すればいいの?

ロボットを開発するうえで、理数系の知識は必要不可欠です。ロボットエンジニアを目指している方の中で、理数系が得意という方は応用的な知識を。逆に苦手という方はまずは苦手意識を克服することかから始めましょう。

株式会社アイザック/河野 智也(コウノトモヤ)さん

あのプロはどうやって夢を叶えた?他の職業を見る