小学生,中学生,高校生5教科総合指導。
福島県・山形県の学習塾です。

お電話での受付時間
月~土 10時~20時

お気軽にお問い合わせください!

あのプロはどうやって夢を叶えた?

育てたい、時代を創る力。ベスト学院GROUP

ヴァイオリニスト/斎藤 恭太(サイトウキョウタ)さん

IMG_1095.jpg

●子どもの頃の得意科目、苦手科目は何でしたか?
得意科目は音楽のほかに理科と社会。苦手に感じていたのは算数です。

●その科目が好きだった理由、嫌いだった理由はありますか?
読むのが好きというより知識が身に付いている感覚が好きで、小学生の頃は家にあった子供向けの百科事典を何回も読み返していたんです。それをキッカケに理科・社会が純粋に好きになって、高校卒業まで得意科目でした。算数に関して言うと、単純に計算が苦手だったからです。

教育インタビューサブ.JPG
●苦手科目を克服するために行ったことはありますか?
正確かつスピーディーに計算が出来るよう、同じ問題を何回も繰り返し行いました。それにどの単元で躓いていたのか、自分自身よく分かっていなかったので、抜け目のないように初歩的な問題からやり直し、苦手意識を克服することが出来ました。


●高校、大学に進学する際、どれくらい受験勉強をしましたか?例)1日●時間など

高校入試の際は詳しい時間までは覚えていませんが、帰宅してから夜遅くまで、しっかりと勉強をした記憶があります。大学受験のときは、音楽系の学科は学科試験よりも実技試験のほうが点数の割合が高かいため、音楽の先生に教わりながら技術面の強化に取り組みました。当時は1日6~8時間は練習したかな。

IMG_9924.JPG
●今の仕事の中で、学生時代の勉強が役に立ったことはありますか?
歴史、特に世界史・近代史の知識は今でも役に立っています。

●ある場合、それはどのようなことですか?
これから演奏する曲がどのような時代に作られ、また作曲者がどんな環境下で作曲をしたのかを知ることは表現者にとって重要なことです。曲のルーツを知ることで、譜面には書かれていない本質的な部分が見えてきて、演奏の幅が広がるからです。そういった歴史的な知識があるか否かで表現方法が大きく変化するため、高校で学んだ基礎知識は大きく役に立っています。

IMG_0374.JPG