小学生,中学生,高校生5教科総合指導。

お電話での受付時間
月~土 10時~20時

あのプロはどうやって夢を叶えた?

育てたい、時代を創る力。ベスト学院GROUP

フライトドクター/佐藤 ルブナ(サトウ ルブナ)さん

ルブナ先生.jpg

子どもの頃からの夢を叶えて活躍している様々な職種のプロフェッショナルたち。どうやって憧れの職業に就くことができたのか、そのために学生時代にどんな努力をしたのか伺ってきました。

どうすればフライトドクターになれるの?

子どもの頃の得意科目、苦手科目は何でしたか?

小学校時代の得意科目は国語でした。苦手だったのは算数です。

その科目が好きだった理由、嫌いだった理由はありますか?

幼い頃から本が好きで、国語の教科書に載っているお話を読むのを楽しみにしていました。

算数はおもしろみもないし、勉強しても役に立たないと思っていました。
小学校で習うたし算・ひき算・かけ算・わり算は、生活に必要ですが、高校で習う難しい方程式は、「こんな難しい公式、いつ使うんだろう?」と疑問を感じながら勉強していました。

苦手科目を克服するために行ったことはありますか?

高3のとき、福島県立医大のオープンキャンパスに参加して、医学部に進むことを決意しました。
それからは苦手な数学も参考書を使って、頑張って勉強しました。

高校、大学に進学する際、どれくらい受験勉強をしましたか?

県立医大の受験を決めてからは、かなり頑張って勉強しました。
休みの日は、途中で休憩を入れながらですが、朝の8時から夜中の12時まで勉強していたと思います。
今思うと、もう少し効率の良い勉強法があったかもしれないですね。

今の仕事の中で、学生時代の勉強が役に立ったことはありますか?

あります。
「県立医大合格」という目標に向かって、集中して勉強したこともそうですが、そのほかにも「あのとき勉強しておいてよかった」と感じることがありました。

ある場合、それはどのようなことですか?

学生時代は「こんな難しい公式、どこで使うの?」と敬遠していた数学ですが、医者として働きはじめてから、「なるほど!ここでこんなふうに使われているんだ!」と気付いて、「高校時代にそれが分かっていれば、もっとやる気が出たのに!」と思いました(笑)。

数学だけでなく、化学・生物・英語など、どの教科も今の仕事に役立っています。国語は、医者にはあまり関係ないと思われがちですが、実は文章を書く機会が結構多いんです。それに、患者さんの話をきちんと理解するには読解力が必要。国語も今の仕事に役立っていると感じています。

①.jpg

フライトドクターになるためのQ&A

フライトドクターの仕事について教えてください。

消防署の要請によりドクターヘリに搭乗して、災害・急病外傷などの救急の現場へ向かいします。
そこで、初期診療を行い、適切な診療科のある病院へ患者を搬送することが主な仕事です。

必要な資格やスキルを教えてください。

病院によって異なりますが、県立医大では、ドクターヘリに乗る前に受けなくてはならない講習がいくつかあります。それから、無線を使うので、無線の免許の取得が必要です。

どんな人が向いていますか?

冷静沈着で即断即決できる人が向いているというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。一番大事なのは、「人命を救いたい」という気持ちだと思います。


<フライトドクター>
佐藤 ルブナ(サトウ ルブナ) さん/福島県立医科大学附属病院 救急科

あのプロはどうやって夢を叶えた?他の職業を見る